排水経路に違和感が出てくる

修理隊の日記

流れの妨げになりやすい箇所について

台所や洗面台の流し台やシンクで詰まりが特に発生しやすい箇所は、排水トラップや排水管です。
排水トラップは排水口のすぐ下にあるか排水桝でトラップを設置していることがほとんどです。この排水トラップは、屋外からの害虫の侵入や排水管からの悪臭が台所の流し台やシンクの排水口から上がってこないための対策となっています。
封水をすることで下水の臭いや害虫が上がってくるのを防ぐのが目的で設置されていますので取り外して使うとかということも無理です。台所や洗面台の排水は必ずこの排水トラップを通るため油汚れや食べ物屑。あるいは、髪の毛などが原因となって詰まりが発生しやすいのが特徴です。
排水トラップから屋外の排水桝に流れていくまでの排水管は汚れが蓄積することで詰まりが起こりやすく自分で掃除をするのがムズカシイため専門業者に依頼する人も多くいらしゃいます。
その他、蛇口が詰まりを起こして水やお湯がでてこないなど不具合が発生することも珍しくありません。蛇口の内部には水をろ過するための「ストレーナー」と呼ばれる部品が装備されていたりゴミが溜まって詰まると水が出なくなってしまいます。蛇口の先に付いている泡沫キャップにも配管や蛇口が欠けた金属ゴミ。あるいは、カートリッジのゴムカスなどが長年お使いの場合には、見られる不具合ですので設置してから10年以上お使いの場合には、掃除をしなければいけない箇所でもあります。
さまざまな要因によって詰まりが発生してしますし、ちょっとしたことで不具合を起こしますので異変に気が付いた時には、できるだけ早く対策をしましょう。

排水トラップの構造と詰まり抜きについて

排水トラップは、水道設備の一部であり、排水管と下水道との接続点に設置されています。主な目的は、下水からの悪臭やガスの逆流を防ぐことです。
一般的な排水トラップの構造は、曲がった形状を持ったU字型またはS字型の管です。水がトラップ内に溜まることで、下水道側からのガスや悪臭が室内に進入するのを防止します。
排水トラップが詰まると、水がスムーズに流れずに溜まることがあります。詰まりの主な原因は、異物やゴミ、髪の毛、油脂、固形物などです。詰まりが起きると、水の流れが悪くなり、臭いや水漏れの原因となることもあります。
排水トラップの詰まりを解消するためには、以下の対処方法を試すことがあります。
●ハンドでの清掃: まず、トラップを外して手でゴミや異物を取り除くことができます。ゴム手袋を着用し、詰まりの原因を探して取り除いてください。水で洗浄してからトラップを元の位置に戻します。
●プラスチックのワイヤーコイルを使用する: ワイヤーコイルは、細長い棒状のツールで、詰まりを解消するのに役立ちます。トラップに挿入して回転させることで、詰まりをほぐしたり取り除いたりすることができます。
●排水用の洗剤や薬剤を使用する: 市販の排水用洗剤や薬剤を使用することで、トラップ内の詰まりを溶かしたり除去したりすることができます。使用方法に従って、指示通りに洗剤や薬剤を注入し、一定時間放置してから水で洗い流します。
●専門家に依頼する: 自己処理が難しい場合や詰まりが頻繁に起きる場合は、専門家に修理を依頼することを検討してください。プロの水道業者は、適切な道具や技術を用いてトラップの詰まりを確実に解消してくれます。

ただし、トラップの解体や修理作業は、適切な知識と技術が必要な場合があります。安全のためにも、自分自身が対処できる範囲を超える場合は、専門家に依頼することをおすすめします。


解決までの手順
基本の料金


水道の修理受付
copyright©2021 水道の修理隊 all rights reserved.